オリックス銀行の審査に必要な書類とは

カードローンの審査を受ける際に用意する書類は決まっています。オリックス銀行でもやはり書類関係は必要不可欠です。(…オリックス銀行のカードローンは消費者金融のものとはどう違うの?)ここでは必要な書類と、各書類が何のために必要なのかをご紹介しております。


自分を証明する「身分証明書類」

お酒を買う時にも年齢不詳な方は時折聞かれますよね。それは未成年にお酒を売ってはいけないという決まりを守るためにお店が対応しているからです。ご自身がどこにお住まいで何歳なのかということを公的に証明してくれるものが「身分証明書」ですが、オリックス銀行の申し込みでもこの書類が必要となります。
オリックス銀行では「日本国内在住の満20歳以上65歳以下の方を対象」としてサービスを提供しているので、日本に住んでいて規定の年齢に沿っているかを確認します。身分証明書になるものは健康保険証や運転免許証、パスポートなどです。顔写真が入っているものが良いですが、保険証しかお持ちでない場合には各自治体が用意している居住証明書でも構いません。顔写真入りの公的確認書類になりますので、きちんとした身分証明書になります。借入をご希望の際には証明書類を忘れないように注意しましょう。


オリックス銀行は「収入証明書」が不要?

「収入証明書」とは毎月一定の収入があるのかを確認するために必要となる書類です。パートやアルバイトの方でも毎月収入があれば借入申し込みをすることが出来ます。収入証明書にあたるものは、源泉徴収票や課税証明書、納税証明書などです。各地域の役所で受け取ることが出来ます。
しかし、オリックス銀行では300万円以下の借入額を希望する方にはこの収入証明書を不要としています。わざわざ役所に行って手続きする必要がない訳です。300万円以上をご希望の方は必要になるので、しっかり準備しておきましょう。収入証明書を手に入れるためには役所の発行手数料として200円から300円支払うことになります。役所は大きなお札での支払を毛嫌いする傾向にあるので、小銭を用意しておくことをおすすめします。

他に面倒な書類は一切なく、この二種類の証明書があれば審査を受けることが出来ます。銀行系のローンには色々な書面が必要になるというイメージがありますが、オリックス銀行では自分で細かな書類を用意する必要はないのです。
インターネットでも24時間申し込みを受け付けているので、いつでも申し込みをすることが可能ですが、審査には書類が必要なのであらかじめ用意しておきましょう。
審査に必要なものを完璧に用意して、カードローンの手続きが手早く完了するようにしましょう。